POPCHATシリーズ新機能[ver3.0.0]リリース

POPCHATシリーズ新機能[ver.3.0.0]のお知らせ

この度、POPCHATシリーズ新ファームOSより、下記の機能が追加・変更となりました。

バージョン 3.0.0
対象機種 MicroPOPCHATⅡ/MicroPOPCHAT
SecurePOPCHATⅢ/SecurePOPCHATⅡ/SecurePOPCHAT
HyperPOPCHATⅢ/HyperPOPCHAT
追加・変更
  1. アクセスID自動発行の申請情報の自動削除
  2. @Cloudサービス設定における機能追加
  3. FQDNによる認証画面表示
  4. プロキシ指定時の代理応答におけるhttpsプロキシ対応の追加
  5. ネットワーク監視機能における稼動状況モニター自動更新
  6. 新たな認証方式「@Cloudサービス認証」が追加
  7. 上位回線不通時のメッセージ表示機能の追加

 

1.アクセスID自動発行の申請情報の自動削除

アクセスID自動発行オプションを適用したPOPCHATでは、アクセスID自動発行の「申請情報の保持期間」が、設定可能になります。
設定できる「任意の期間」の選択肢は、次の通りです。
1日/5日/10日/20日/40日/90日(初期値)

POPCHAT管理画面 – 「アクセスID」>「オプション設定」

POPCHATアクセスID自動発行「オプション設定」

これにより、ステータスが「利用中」以外の保持期間を過ぎてもステータスが更新されないアクセスID申請情報が、自動削除されます。

 
 
アクション
接続申請 承認 承認解除 アクセスIDによる認証 利用解除
ステータス 承認待ち<0> 承認<1> 解約<2> 利用中<3> 解約<2>

ステータスが「承認<1>」以降の申請情報の自動削除では、それに紐づいて生成されたアクセスIDの削除も含みます。

※アクション「承認解除」と「利用解除」の2つとも、対応するステータスは「解約」で同一です。上述の仕様により、ステータス「解約」のまま「保持期間」の日数が経過すると、自動削除となります。

※スタース「利用中」のアクセスIDは、自動削除されません。

 

2.@Cloudサービス設定の機能追加

@Cloudとは、POPCHAT本体と連携した機能拡張クラウドサービスです。

POPCHAT本体に@Cloud連携を設定し、@Cloud認証サービスをご利用いただく際、新たに以下の項目が設定可能になります。

POPCHAT管理画面 – 「接続管理」>「@Cloudサービス」

POPCHAT@Cloudサービス設定

新設定項目

サーバFQDN @Cloudサービスのサーバ(クラウド認証エンジン)のFQDNを指定します。
httpsを使用する @Cloud上の認証画面を https で表示させる場合、チェックを入れます。
 

既存の設定項目

アカウントID 事前に申し込み、発行された@CloudサービスのアカウントIDを指定します。
パスワード @Cloudサービスのパスワードを指定します。
サーバアドレス @Cloudサービスのサーバ(クラウド認証エンジン)のアドレスを指定します。

※アカウントID、パスワードが正しくない場合、サーバアドレスは設定されません。

 

3.FQDNによる認証画面表示を設定可能

POPCHAT本体に搭載の認証画面表示について、FQDNに対応しました。

POPCHAT管理画面 – 「基本設定」>「ネットワーク設定」

POPCHAT認証画面のFQDN表示設定

FQDNが設定されている場合、認証画面のURLがFQDNで表示されます。
※設定されていない場合は、従来通り、POPCHATのLAN側IPアドレスで表示されます。

 

4.プロキシ指定時の代理応答におけるhttpsプロキシ対応の追加

POPCHATの「代理Proxy設定」の機能において、利用者ブラウザで「httpアドレス」を指定したプロキシ設定時の代理応答には、従来から対応済みでしたが、加えて、「httpsプロキシ」にも対応しました。

POPCHAT代理Proxy設定の「登録ポート」に設定されたポートで、利用者ブラウザにプロキシ設定されていれば、httpsプロキシ(SSLプロキシ)でも、POPCHAT代理応答します。

※ただし、https通信でPOPCHATの認証画面を表示する際には、SSLプロキシの仕様上、認証画面は表示されず、エラーとなります。

 

5.ネットワーク監視機能における稼動状況表示画面の自動更新

POPCHATによる「ネットワーク監視」の機能において、監視対象のネットワーク機器の稼動状況を表示する「監視状況」の画面が、自動更新に対応しました。

POPCHAT管理画面 – 「ネットワーク監視」>「監視状況」「監視設定」

POPCHATネットワーク監視機能

「監視状況」の画面は、60秒おきに自動更新されます。

 

6.新たな認証方式「@Cloudサービス認証」が追加

従来、@Cloudサービス認証の各種ご利用には、都度カスタマイズで対応してまいりましたが、POPCHAT本体上で、@Cloud連携(オプション)が設定されていれば、認証方式「@Cloudサービス認証」が使用可能になります。

POPCHAT管理画面 – 「接続管理」>「基本接続設定」

POPCHAT@Cloud認証サービス

認証方式「@Cloudサービス認証」では、認証画面の表示および接続期間の設定は、POPCHAT本体ではなく@Cloudサービス側での制御となります

 

7.上位回線不通時のメッセージ表示機能の追加

POPCHAT管理画面 – 「基本設定」>「オプション設定」

POPCHAT上位回線の断絶時メッセージ表示

上位回線断の場合、メッセージを表示する(pingチェック)

上記のチェックボックスにチェックされている場合、上位回線の通信“断”を検知した際に、以下のメッセージ画面を利用者ブラウザに表示します。

「只今、インターネットに接続できません。」

※通信“断”の検知は、以下要件により判定します。
  • ping宛先(1)、(2)に対して、
  • 指定のチェック間隔で、pingを送信し、
  • 両者ともに応答がない(あるいは遅延している)

  …以上の場合、通信“断”と判定します。

 
 

機能アップグレードご希望の際は・・

上記の新機能に関するお問合せ、新機能適用アップグレードのご希望は、こちら

 

以上。
2014年9月3日