POPCHATの導入を検討中。メールアドレスを使用した証跡管理には個別にシスログサーバを立て、そこに転送する必要がありますか…

POPCHATご利用検討に関するお問い合せ事例

POPCHATご利用検討の参考に、いただいたお問い合せと当社からの回答の事例をご紹介

お問い合せいただいた時点でのPOPCHATの仕様やサービスモデルに基づいた、その時点での回答をご紹介しております。
その後のバージョンアップや機能追加などにより、一部最新のPOPCHAT製品情報によるご案内とは異なる部分があり得ますことを、ご了承ください。

POPCHATご利用にあたってのお問い合せ内容

 
弊社お客様にて、現在貴社製品『POPCHAT』の導入を検討しております。
お客様の要件概要は以下となります。
 
■要件概要
 
●ネットワークはお客様NWとは別で構築し、共用はなし
●Wifiをゲスト向けに展開したい
●URLフィルタ等のセキュリティ対策を実施したい
●無線の認証は、メールアドレス(ID)を登録し、メールアドレスに紐付くパスワードをメールにて発行し、それを利用させることで、端末のMACアドレスではなくメールアドレス等で個人の紐付けたい
●証跡管理のためにログを残しておきたい
●クライアント最大数は300人、APは約20台で見込み、Cisco製AP使用予定
 
導入に際しまして、懸念点・不明点として以下事項がございます。
お手数お掛けしますが、ご回答頂けますでしょうか。
 
■懸念点・不明点
 
〔1〕logレポート作成費用
個別でお見積もりとのことだが、通信量やクライアントのメールアドレスに紐づいた証跡管理をする為にはいくらくらいかかるか?
また、やはりメールアドレスを使用した証跡管理には個別にシスログサーバを立て、そこに転送する必要があるか?
 
〔2〕コンテンツフィルタリングの設定について
貴社設定マニュアルに記載なし
POPCHAT上での設定と連動機器(APやSW等)で必要な設定に関してどうなっているか?
 
〔3〕コンテンツフィルタリング使用時のNW構成
通信制限するには以下構成のように、POPCHATを有線SWとWANルータの間に設置するか、POPCHAT自身がインターネットルータとなる必要があるのか?
 
PoESW—POPCHAT—Router—Internet
 
PoESW—POPCHAT—Internet
 
〔4〕インターネット上からPOPCHATの管理画面を閲覧することは可能か
本無線NWはゲスト向けでありお客様NWとは切り離されている為、インターネット上から見られると管理上良い
 
〔5〕認証@クラウドではないPOPCHAT単体でのオプション機能である『メールアドレス認証=アクセスIDの自動発行&通知』の費用は?
 
〔6〕『最大認証数とは、POPCHAT内部に保存される認証情報の上限であり、各端末の利用状況(WEB閲覧・P2P・ストリーミング等)およびご利用のルーター・回線事情により最大認証数相当の同時接続を保証するものではありません。』という記載があったが、同時接続数は他NW構成に依存するため、POPCHATの機種の違いによる最大認証数の値とは関係ないという認識で合っているか
 
以上、宜しくお願い致します。
 

◆ お問い合せの日付

2017年3月3日

◆ お問い合せの方のご状況

取引先クライアントのネットワーク構築にPOPCHATの活用を検討中のシステム構築会社さま

 

上記お問い合せへの当社からの対応の例

お客様側でシスログサーバをご用意いただき、そちらにシスログとして転送していただく必要がございます…

お問合せありがとうございます。

〔1〕logレポート作成費用
個別でお見積もりとのことだが、通信量やクライアントのメールアドレスに紐づいた証跡管理をする為にはいくらくらいかかるか?
また、やはりメールアドレスを使用した証跡管理には個別にシスログサーバを立て、そこに転送する必要があるか?

POPCHATではメールアドレス認証の際のメールアドレスは利用者の存在確認の為に利用しております。
POPCHAT機器本体での認証と、クラウドサービス(認証@クラウド)いずれの場合も、入力されたメールアドレス宛に、認証用の情報が記載されたメールが送信されます。

  • POPCHAT本体の場合
    認証画面で入力するための、アクセスID(パスワード)が記載されたメール
  • 認証@クラウド
    認証用のURLが記載されたメール(クリックして認証します)

メールアドレスの情報は弊社側システムにお客様が参照可能な形で保存されておりませんため、ご認識の通り、お客様側でシスログサーバをご用意いただき、そちらにシスログとして転送していただく必要がございます。

 

〔2〕コンテンツフィルタリングの設定について
貴社設定マニュアルに記載なし
POPCHAT上での設定と連動機器(APやSW等)で必要な設定に関してどうなっているか?

コンテンツフィルタリング機能はLG-POPCHATシリーズのみ対応しております。

POPCHAT上の設定は弊社側で機器に対して実施いたします。
(コンテンツのカテゴリに対して、フィルタ有り・無しの設定)

POPCHAT配下の無線APやスイッチとの連動を行なう機能はございません。

 

〔3〕コンテンツフィルタリング使用時のNW構成
通信制限するには以下構成のように、POPCHATを有線SWとWANルータの間に設置するか、POPCHAT自身がインターネットルータとなる必要があるのか?

コンテンツフィルタの使用有無に関わらず、下記の構成となります。

PoESW—POPCHAT—Router—Internet

 

〔4〕インターネット上からPOPCHATの管理画面を閲覧することは可能か
本無線NWはゲスト向けでありお客様NWとは切り離されている為、インターネット上から見られると管理上良い

POPCHATの「WAN側(上位ルータと接続する側のInterfance)からもWeb管理画面に接続することは可能です。

インターネットとの接続点となるルータに、POPCHATのWAN側インターフェースのIPアドレスの888ポートに対するポートフォワーディングと、必要な場合はフィルタリング(許可)を行なっていただく必要がございます。

 

〔5〕認証@クラウドではないPOPCHAT単体でのオプション機能である『メールアドレス認証=アクセスIDの自動発行&通知』の費用は?

こちらは機器と合わせましての提示となりますため、代理店様経由にて見積もりのご請求をお願いいたします。

 

〔6〕『最大認証数とは、POPCHAT内部に保存される認証情報の上限であり、各端末の利用状況(WEB閲覧・P2P・ストリーミング等)およびご利用のルーター・回線事情により最大認証数相当の同時接続を保証するものではありません。』という記載があったが、同時接続数は他NW構成に依存するため、POPCHATの機種の違いによる最大認証数の値とは関係ないという認識で合っているか

最大認証数は、POPCHATが認証を行なうことの出来る端末の最大数を指します。

同時接続は、端末毎に使用するセッション数に依存して増減します。
(POPCHAT本体、および上位ルータのNAPTテーブル数によります)
POPCHATで認証が出来ていても、NAPTテーブル数の上限に達している場合は、通信が行えない、というケースを想定した記載となっております。

※POPCHATの場合、上位機種ではセッション数の最大数も多くなっております。

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

お問い合せフォームへ>>最近のお問い合せ一覧へ>>製品・サービス情報一覧へ>>POPCHATサイトTOPへ>>