利用者が所有しているモバイルDHCPサーバの接続を制限することは可能でしょうか…

POPCHATご利用検討に関するお問い合せ事例

POPCHATご利用検討の参考に、いただいたお問い合せと当社からの回答の事例をご紹介

お問い合せいただいた時点でのPOPCHATの仕様やサービスモデルに基づいた、その時点での回答をご紹介しております。
その後のバージョンアップや機能追加などにより、一部最新のPOPCHAT製品情報によるご案内とは異なる部分があり得ますことを、ご了承ください。

POPCHATご利用にあたってのお問い合せ内容

 
お世話になっております。
 
利用者が所有しているモバイルDHCPサーバの接続を制限することは可能でしょうか?
SSIDを検索(入力)し、ID/PASSWORDを入力すればPOPCHAT(DHCPサーバ)よりIPアドレスがリースされてしまう認識です。
接続されたDHCPサーバの配下にデバイスが接続される場合は、POPCHATで認証することは可能でしょうか?
 
また、インターネットに接続できないデバイスでメールアドレス認証方式を採用することは可能でしょうか?
スマートフォンや、SIM搭載のタブレットであればメール受信は可能ですが、インターネット接続不可のデバイスでは認証用URL記載のメールを受信できないのではと考えています。
 
どうぞ宜しくお願い致します。
 

◆ お問い合せの日付

2018年6月19日

◆ お問い合せの方のご状況

取引先クライアントのネットワーク構築にPOPCHTの活用を検討中のシステム構築会社さま

 

上記お問い合せへの当社からの対応の例

POPCHATでモバイルDHCPサーバの接続を制限することはできません…

お問い合せありがとうございます。

利用者が所有しているモバイルDHCPサーバの接続を制限することは可能でしょうか?
SSIDを検索(入力)し、ID/PASSWORDを入力すればPOPCHAT(DHCPサーバ)よりIPアドレスがリースされてしまう認識です。

POPCHATでモバイルDHCPサーバの接続を制限することはできません。

 

接続されたDHCPサーバの配下にデバイスが接続される場合は、POPCHATで認証することは可能でしょうか?

認証ができるケースもございますが、下記の問題がございます。

  • モバイルDHCPサーバがNATをしてPOPCHATに配下のデバイスの通信を行う場合、MACアドレスが集約されるため、モバイルDHCPサーバが認証処理を受けることになります。その場合、認証処理、セッション制限や帯域制限、POPCHATでの内部処理で行われるDHCPによるIPアドレスの払い出しに影響がでて、接続障害が発生することがございます。
  • モバイルDHCPサーバがブリッジでPOPCHATに配下のデバイスの通信を行う場合、POPCHATがDHCPで割り振るIPアドレスと同じレンジのIPアドレスが払い出されているとIPアドレスがバッティングして、通信障害が発生する恐れがございます。
  • モバイルDHCPサーバがNATでDHCPの通信を行い、以降は、ブリッジでPOPCHATに配下のデバイスの通信を行う場合、モバイルDHCPサーバ配下のデバイスは認証も通信も可能ですが、モバイルDHCPサーバから移動した場合、POPCHATのDHCPのテーブル(IPアドレスとMACアドレスのひもづけ)と違うためIPアドレスの取得ができない状態が発生します。

 

また、インターネットに接続できないデバイスでメールアドレス認証方式を採用することは可能でしょうか?
スマートフォンや、SIM搭載のタブレットであればメール受信は可能ですが、インターネット接続不可のデバイスでは認証用URL記載のメールを受信できないのではと考えています。

メールアドレス認証はローカル、@クラウドともにございますが、どちらもインターネット上のサーバに接続を行う必要があるため、インターネットに接続できないデバイスではご察しの通り、ご利用ができません。

 

以上、ご確認のほどよろしくお願い致します。

 

お問い合せフォームへ>>最近のお問い合せ一覧へ>>製品・サービス情報一覧へ>>POPCHATサイトTOPへ>>