Japan Connected-Free Wi-Fiの接続、及び災害時の開放用の認証基盤として、センタサーバ型のLG-Secureを検討しているのですが…

POPCHATご利用検討に関するお問い合せ事例

POPCHATご利用検討の参考に、いただいたお問い合せと当社からの回答の事例をご紹介

お問い合せいただいた時点でのPOPCHATの仕様やサービスモデルに基づいた、その時点での回答をご紹介しております。
その後のバージョンアップや機能追加などにより、一部最新のPOPCHAT製品情報によるご案内とは異なる部分があり得ますことを、ご了承ください。

POPCHATご利用にあたってのお問い合せ内容

 
自治体様向けに無線LANの提案を行っており、要件の中に「公衆無線LAN環境整備支援事業」への対応が含まれております。
平時職員様が利用される無線LAN環境の認証基盤は別途構築する予定としており、Japan Connected-Free Wi-Fiの接続、及び災害時の開放用の認証基盤として、センタサーバ型のLG-Secureを検討しております。
 
LG-Secureの本体以外に必要なライセンス等はありますでしょうか。
「公衆無線LAN環境整備支援事業」への対応のため、SNS、SMS、OpenIDなどとの連携が必要となります。
 

◆ お問い合せの日付

2019年5月16日

◆ お問い合せの方のご状況

取引先クライアントのネットワーク構築にPOPCHATの活用を検討中のシステム構築会社さま

 

上記お問い合せへの当社からの対応の例

当社のLG-POPCHATシリーズは、NTTBP社が単独で提供しているワンタッチWi-Fi接続の当該アプリとの連携には対応しておりません…

お問い合せありがとうございます。

Japan Connected-Free Wi-Fiの接続、及び災害時の開放用の認証基盤として、センタサーバ型のLG-Secureを検討しております。

当社のLG-POPCHATシリーズは、NTTBP社が単独で提供しているワンタッチWi-Fi接続の当該アプリとの連携には対応しておりません。

別途、同種類の認証レスWi-Fi接続アプリであるKDDI系のJapan Travel Wi-Fi等を含む、Wi-Fiネットワーク事業者が業界として総務省さんご承知いただきながら推進している

  • WEB-API方式による多エリアWi-Fi認証連携

には、対応しております。

*参考
一般社団法人 公衆無線LAN認証管理機構
http://www.wlan-authmng.or.jp/?page_id=16

総務省さんの、平成27年度の実証実験をルーツとした取り組みの枠組みです。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban04_02000102.html

 

LG-Secureの本体以外に必要なライセンス等はありますでしょうか。
「公衆無線LAN環境整備支援事業」への対応のため、SNS、SMS、OpenIDなどとの連携が必要となります。

もし、多エリア認証連携に対応する技術方式として上述の内容で代替OKであれば、POPCHATのLGシリーズ指定の一次販社に対して、以下の型番ご指定で見積りリクエストを打診していただくと、最低限必要なライセンスが含まれたお見積りを取得していただけます。

  • LG-Secure-Min-S
    もしくは、
  • LG-Secure-Min-L
    もしくは、
  • LG-Secure-Min-LTW

3種類の型番の違いは、機器本体にパッケージとしてバンドルされるライセンスの年数が、
それぞれ、

  • 1年
  • 5年
  • ライフタイム

というものでございます。

 

以上、ご確認をどうぞ宜しくお願い致します。

 

お問い合せフォームへ>>最近のお問い合せ一覧へ>>製品・サービス情報一覧へ>>POPCHATサイトTOPへ>>