POPCHAT導入事例 ― ホテルJALシティ関内 横浜

ホテルJALシティ関内 横浜 様

施設ジャンル
  宿泊施設
 
施設概要
  神奈川県横浜の中華街に位置する全170室のホテル
 
導入概要
  ホテル館内の新規Wi-Fi環境構築時に併せて SecurePOPCHATを導入
 
導入時期
  2014年4月

 

お客様のお声

以下、ホテルJALシティ関内 横浜 業務グループ長 杉本様にお伺ったお話をご紹介させていただきます。

導入検討時の状況

2006年の開業以来、全客室にインターネット用LAN配線を完備しておりましたが、Wi-Fiについてはロビーのみの対応となっておりました。

 

近年Wi-Fi機能が備わったスマートフォンやPCが普及し、お客様からのコメントやリクエスト等で「客室にてWi-Fiを利用できるようにして欲しい」とのご要望を多数いただいておりました。国外からの観光需要が高まるなか、お客様に旅行をお楽しみいただくく為にもWi-Fi環境の完備は必要不可欠と考えました。

 

また、Wi-Fi環境の整備に伴って、ホテルのサービスとしてご提供するインターネット環境がより安全に、快適にご利用いただけるモノとなるよう、新たな仕組みづくりの検討も必要でした。

POPCHATご導入:ホテルJALシティ関内 横浜

 

導入後の効果

今回、三和コンピュータさん(※1)の提案により全客室のWi-Fi環境整備に加えて、インターネット接続ゲートウェイサーバ POPCHAT を導入致しました。

 

Wi-Fi環境の構築にあたりゲートウェイサーバ POPCHAT を導入したことで、お客様向けインターネット環境のセキュリティ強化と利便性の向上を図る事ができたと考えています。
POPCHAT は客室ごとに個別の通信制限が可能なため、一部のお客様による過度な大容量通信が発生しても、他のお客様が繋がりにくくなるようなトラブルがなくなりました。

また、お客様がご使用されるスマートフォンやPCを自動判別(※2)し、自動的に適した言語(※2)でインターネットご利用案内ページを表示し利用規約の同意を求める機能があるため、利用時のトラブル防止にも役立っています。

 

お客様が持ち込まれたスマートフォンやPCの設定を変更することなくインターネットを利用できることから、お客様よりご好評を頂いております。また、国外からのお客様の問い合わせが少なくなり業務効率がアップ致しました。

※1: 下記参照

※2: 当社補足
「スマートフォンやPCを自動判別」 接続する端末(ブラウザ)の言語設定をPOPCHATでは自動で識別しています。
「自動的に適した言語」 POPCHATが自動識別をしたユーザー言語に対して、内部に用意された各種多言語の画面のうち最適な言語で自動切替し表示しています。日本語、英語、中国語、韓国語に標準対応。

 

導入のシステム概要

※1: POPCHAT導入、構築会社

  三和コンピュータ株式会社(本社:東京都港区)

導入のポイント

  • 既設の有線LAN配線を活かしながら各フロア4カ所に無線アクセスポイントを設置
  • PoE(電源供給HUB)を利用することで、電源工事を不要とし工期短縮と費用抑制
  • 既設ラックに POPCHAT を搭載する事により、導入コストを抑制

導入工期

  • 施工期間:8日間(作業時間9:30~17:00)
  • 音が発生する作業は11:00~14:00に実施
ホテルJALシティ関内 横浜 POPCHAT導入イメージ
*以上、資料ご提供:三和コンピュータ株式会社

 

参考リンク

見積りを希望>>お問い合せフォームへ>>POPCHATサイトTOPへ>>