病院でのPOPCHAT導入メリット

外来・病棟それぞれに合わせた患者用Wi-Fi環境を構築

患者用Wi-Fiサービス導入にあたって気になる課題をまとめて解決

患者用Wi-Fiサービスは、今や選ばれる病院の必須サービスです。

 
来院者、利用者の皆さまのサービス/利便性向上、療養環境向上のため。
待ち時間のストレス軽減、ひいては、患者(利用客)に通院先として選んでもらう差別化のため。
 
患者用Wi-Fiの必要性
 
 
患者用Wi-Fi整備を考える際に気になる課題・・・「セキュリティ」「業務効率
不正使用/悪用/乱用」「費用対効果」等全て対策したWi-Fiを実現

 

患者用Wi-Fi環境整備で実施しておきたい【対策】 – POPCHATなら出来ます!

患者用Wi-Fi環境の構築に役立つ機能の数々
クラウド認証基盤「POPCHAT@Cloud」と認証ゲートウェイ「POPCHAT」で、Wi-Fiをもっと便利、安心、そして有益なモノに。

セキュリティ(情報傍受への対策)

ネットワーク分離の対策を実施

  • POPCHATは、患者用ネットワーク専用の制御装置として設置。
  • もし業務系と共用回線の場合には、FWプラス、POPCHATでも、LAN側からの通信をインターネット以外に対して「遮断」し、二重の対策を実施可能。

※ネットワーク全体設計の詳細については、信頼されるSIer企業とご相談下さい。

患者用Wi-Fi整備と病院ネットワーク分離
 

Wi-Fiサービスを不調にする要因を自動で検知し、防止

トラブルを未然に防ぎWi-Fi安定稼働を持続

  • 例えば、右下図のような悪用等により過度なセッション占有、或いは、帯域占有によって、回線やルーターでリソース枯渇等、Wi-Fi環境のパフォーマンスが脅かされそうになると、いち早く発信元を特定&制御し、Wi-Fiを安定稼働させます。
病院(患者用)Wi-Fiのネットワーク安定稼働
 

不正利用・悪用・乱用の防止:入り口対策

利用者を確認できる個人認証

■患者ID(診察券No.)で認証

  • 病院でお持ちの患者認証システムとWEBインタフェース連携の構築が可能。

 

■加えて、総務省指定の3種類に対応し&認証ログを確認可能

  • SMS連携/SNS連携/メール連携に対応。
  • 認証方法によらず認証ログを取得可能。 
病院(患者用)Wi-Fiの不正利用対策
病院(患者用)Wi-Fiの不正利用対策  
 

不正利用・悪用・乱用の防止:出口対策

過度な高負荷は発信者のパケット制御

■デュアル・セッション制御

  • 患者用Wi-Fiの安定稼働に悪影響を及ぼす異常なセッション占有を行う発信元をいち早く検知して特定し、自動で制御を行います。
 

■デュアル 帯域制御

  • 患者用Wi-Fiの安定稼働に悪影響を及ぼす異常な帯域(トラフィック)占有を行う発信元をいち早く検知して特定、自動で制御を行います。
     
     
病院(患者用)Wi-Fiの乱用対策
病院(患者用)Wi-Fiの乱用対策
 

外来と病棟、異なる2つのWi-Fi環境を設定

外来(待合スペース)と入院病棟で異なる認証設定が可能

POPCHAT配下のネットワーク構成から「接続ポート(タグVLAN/SNMP)」を識別。外来と病棟を異なる接続ポートとして、認証や時間など設定を変えていただけます。

【対策】異なる2つのWi-Fi環境を設定

 

患者への満足度アンケート調査がWi-Fiで機械的に可能

「Wi-Fi提供」プラスα の付加価値

病院の満足度アンケート調査のために、余計な外注費用は必要ありません。Wi-Fi利用者から「いつでも」「自由に」「簡単に」アンケート調査が可能です。

例)患者さん自身の事について
  1. 性別
  2. 年代構成
  3. 受信料の感想
  4. 利用状況
  5. 予約状況
  6. 選択理由
  7. 家族/友人に紹介意思・・・など
例)待ち時間の長さについて
  1. 短い
  2. 普通
  3. 長い
  4. 非常に長い・・・など
アンケート配信で病院(患者用)Wi-Fiの費用対効果アップ
 

有料Wi-Fi室(=差額ベッド代)を設ける使い方も可能

専用のID利用者限定のWi-Fiを構築

Wi-Fiサービス提供の収益貢献施策として「アクセスID認証」という機能を使うことで、病棟の中でも特定の部屋のみで使えるWi-Fi環境を構築可能です。

 

有料Wi-Fi室(差額ベッド代)で病院(患者用)Wi-Fiの費用対効果アップ
 

見積りを希望>>お問い合せフォームへ>>POPCHATサイトTOPへ>>