認証設定

POPCHAT-X 認証管理機能

POPCHAT-Xでは、アカウント単位 / ゲートウェイ単位 / VLAN単位で異なる認証方法を設定できます。

No. 名称 内容
1 通常時認証設定 アカウント単位の認証方式を設定します。
2 ゲートウェイ認証設定 ゲートウェイ単位の認証方式を設定します。
3 VLANグループ認証設定 VLANグループ単位の認証方式を設定します。
認証方式の優先順位

VLAN単位 > ゲートウェイ単位 > アカウント単位

認証設定画面

下記に、通常認証設定(アカウント単位での認証設定)における、認証設定項目を示します。

認証設定画面

設定項目  
No. 名称 内容
1 利用可能時間帯 エンドユーザが本サービスを利用可能な時間帯を設定します。
ここで設定した時間帯以外に利用すると、エンドユーザ端末に利用時間外である旨のメッセージが表示されます。
ご注意ください
利用可能時間帯の設定前に認証した端末に関しては、利用可能時間帯の対象外となります。
利用可能時間帯が有効となるのは、利用可能時間帯設定後に認証した端末のみとなります。
2 認証方式 エンドユーザに提供する認証方式を設定します。認証方法ごとに接続回数/期間、
1回あたりの接続時間、認証保持期間を設定することが可能です。
複数の認証方式を設定した場合、エンドユーザはその複数の方式から
任意の認証方式を選択する「認証選択画面」が表示されます。
認証方式設定の詳細については認証方式一覧をご覧ください。
3 2回目以降の認証方式 エンドユーザが 2 回目以降利用する際に適用される認証方式を選択します。
アンケート認証を利用しない場合はベーシック認証のみが選択可能です。
4 アンケート認証URL アンケート認証を利用する時のURLを入力します。
5 メンバー認証URL メンバー認証を利用する時のURLを入力します。
6 リダイレクト先URL 設定しない : デフォルトURLを表示します。
言語共通で設定する : 全ての言語で同一のURLを表示します。
言語別に設定する : 言語別に別々のURLを表示します。

注意事項

設定更新は、即時反映されますのでご注意ください

キャプティブポータルの挙動(リダイレクトURLについて)

  • 利用端末がandroidの場合、端末がネットに接続された瞬間にキャプティブポータルを閉じてしまいます。
    このことにより、設定したリダイレクト先に遷移する前にキャプティブポータルが閉じるため、リダイレクト先に遷移できません。