1.1 ネットワーク設定




名称 小区分 説明
アカウントID - 現在設定中のアカウントIDになります。
ゲートウェイID - 現在設定中のゲートウェイIDになります。
WANインターフェイス※1 DHCP POPCHATのWAN側セグメントのIPアドレスを上位のネットワーク上のDHCPサーバーから取得します。
固定IP※2 固定IPアドレスを指定します。サブネットとゲートウェイの指定が必要になります。
VLAN※3 WAN側のVLANIDとLAN側のVLANIDが異なる場合のみ設定が必要です。(NATモード時のみ設定)
素通ししたいVLAN※3 認証を行わずPOPCHATを素通しにするVLAN IDを入力(ブリッジモード時のみ利用可能)
LANインターフェイス NATモード WAN側セグメントとLAN側セグメントは別のセグメントになり、POPCHAT内部でNATして通信が行われます。POPCHATのIPアドレス、サブネットを指定します。
bridgeモード WAN側セグメントもLAN側セグメントも同じセグメントになりPOPCHATは透過モードで動作にします。そのためIPアドレス、サブネットの指定は必要ないためグレーアウトします。
VLAN WAN側のVLANIDとLAN側のVLANIDが異なる場合のみ設定が必要です。(NATモード時のみ設定)
DNSサーバー※2 - DNSサーバーの指定をします。
設定ファイル出力 - 本ページのWANインターフェイス、DNAサーバー設定を稼働中のPOPCHATに反映するためのファイルを出力します。
当ファイルをUSBに保存しPOPCHATに読み込ませることで設定を反映します。


※1 WANインターフェース項目の設定を変更する場合は変更後、設定ファイル出力(.ntw)にて設定ファイルを出力したのちUSBアクティベイトキーに保存されている設定ファイル(.ntw)を上書きして再度起動させる必要があります。
尚、USBアクティベートキーを抜くとPOPCHATの電源は切れますので、電源OFF後にUSBアクティベイトキーを抜いて、PC等でダウンロードした設定ファイルを入れ替えてください。
※2 WAN側を固定IPに設定した場合、DNSの登録は必須となります。
※3 VLAN(使用する)と素通ししたいVLANを設定した場合、この2項目に設定されていないVLANとVLAN設定されていない通信は全て遮断対象となります。
※ 設定更新時にPOPCHAT本体の再起動が伴います。