マルチVPN機能 - ホテル・施設のプロバイダーコストを大幅カット

VPN対応の必要性

VPNとは

VPN ( Virtual Private Nework ) とは、仮想的なプライベートネットワーク(専用線)接続のことを意味します。
VPNの技術を実装することによって、インターネットなどの公衆ネットワーク網を利用する通信であっても、セキュリティにIPsecなどの高度なセキュリティを実装させることになるので、機密性の高い安全通信環境として企業の拠点間通信などを実現できます。
複数の拠点間の通信においても情報漏えいを防ぎたい企業にとって、実際の専用線を設置することに比べて大幅に安価に秘匿通信回線を実現できます。

現代のビジネスシーンでは、複数拠点間の通信の際に外部に対して内容を秘匿する必要がある場合に、最もポピュラーな通信技術の一つになっています。
その為、例えばビジネスマンの出張旅行時の宿泊を受け入れるホテルや旅館等の宿泊サービス事業者にとって、必須の対応項目となっています。

VPNの種類

VPNには種類があり、「インターネットVPN」と「IP-VPN」に分けられます。
インターネットVPNは、その名の通りインターネット上に仮想的な専用線を構築します。
一方のIP-VPNは、通信事業者が独自に用意したIP網上に仮想的な専用線を構築します。
さらに、利用する技術から、「SSL-VPN」「IPsec-VPN」「MPLS VPN」などがあります。
SSL-VPNは、その名の通りSSL技術を利用して通信を暗号化することで仮想的な専用線を構築します。
同様にIPsec-VPNはIPsecという技術を利用するもので、MPLS VPNはMulti Protocol Label Switching(MPLS)という技術を利用するものです。

VPN接続のタイプには、サイト間VPNとリモートアクセスVPNの大きく2タイプがあります。
サイト間VPNでは、ルータでIPsecによる暗号化とカプセル化を行うので、クライアントPCは、暗号化通信を意識することなく通信をします。
リモートアクセスVPNでは、クライアントPCにVPN Clientソフトウェアをインストールし、そのPC上にて暗号化とカプセル化を行い、リモート接続先のVPNゲートウェイと通信を行います。

 

VPN接続ニーズへのホテル側の対応状況と問題

現代の情報化社会においては、ホテルや旅館等の宿泊施設には、例えば次のようなお客様がごく普通にあり得るかと思います。

会社でノートPCを支給されていて、出張先のホテルでもインターネットVPN経由で社内のサーバに接続したい。

ですが、出張先のホテルでVPN接続を試みても拒否されてしまうというような話を耳にしたり、体験談がブログに記述されるのをご覧になったことがあるかと思います。

確かにビジネスホテルで提供されているインターネット接続では、VPNが使えない場合があります。
ですが、別にVPNをターゲットにして明示的に拒否してるわけではないと思います。
多くの場合は、単にHTTPやPOP等の代表的な通信プロトコル以外は許可してないというだけです。
ウィルス対策とかP2Pによるファイル共有などで責任を負う羽目になることを考えれば、ホテル側の対応としては仕方ないのだという考え方からだとは思います。
或いは、設置されているルータが古い場合などで、VPNに使用されるPPTPやIPSecのプロトコルを通すことが出来ないという場合もあるかもしれません。

また、通常VPN通信に必要となる固定グローバルIPは、プロバイダーから提供を受ける訳ですが、その契約にはコストがかかります。
数多くのビジネスマンのVPN接続ニーズに対応しようとすれば、それだけ多量の固定グローバルIPが必要となり、その分コストも膨大なものになってしまいます。

 

ポップチャット:POPCHATの「マルチVPN」機能

POPCHATの「マルチVPN」とは、2つの意味合いがあります。

  1. 1回線で複数(マルチ)VPNの接続ができる。
  2. 様々な種類(マルチ)のVPNに対応している。

従来、宿泊のお客様にVPN接続をご利用いただく為には、ホテル側の準備として、予めプロバイダー契約時に複数の固定IPアドレス契約をする必要がありました。
これはルーターの機能とも関連するのですが、VPN接続するPC1台ごとに1個の固定IPアドレスを割当てる必要があるので、固定IPアドレスを取得・運用コストがバカにならない問題でした。
弊社が東京都内のあるホテル様から伺った話の中には、固定グローバルIPを数百という単位で取得、保持し、コストをかけていらっしゃる事例までございました。

PPTP・IPSecはじめセキュリティPCなど多種多様なVPN接続方法に対応可能。

以前はVPN接続分の固定IPアドレスが必要でしたが、ルーター機器と機能連動により1回線で複数のVPN接続が可能となりました。

POPCHATを導入していただいているホテル等の宿泊施設様においては、「マルチVPN」の機能により、固定グローバルIPの取得・維持コストを劇的に削減していただき、ホテル施設内のネットワークセキュリティのレベルをダウンさせることなく、宿泊のお客様の様々なVPN接続ニーズに対して安心・安全・安価に対応していただくことが可能となっています。

 

見積りを希望>>お問い合せフォームへ>>POPCHATサイトTOPへ>>