飲食・小売・商業施設Wi-Fi利用例

飲食・小売・商業施設
Wi-Fi利用例

Shop

飲食・小売・商業施設の来店客向け
Wi-Fiサービスに適したPOPCHAT
認証&制御パターンご紹介

安定稼働 インターネット接続の簡易性/利便性を優先

インターネット接続の簡易性/利便性を優先

おすすめの導入モデル

安定稼働モデル

来店客にWi-Fi環境提供そのものが主目的

規約に同意の1クリックで認証OK

メリット説明

来店客に対する店内サービス向上の一環でWi-Fi環境を提供する事そのものが主目的であり、とにかく利便性を最優先に、誰でも何にでもWi-Fi利用を可能とします。最低限の対策として、過度な高負荷パケットを発信されて周辺利用客に「固まる」「切れる」「遅くなる」等の影響を及ぼさない制御のみを機能させる運用スタイルです。

《認証方式の例》

ベーシック認証(規約に同意のみで接続OK)

《時間設定の例》

30分/回(繰り返し利用可能)

お見積りシミュレーションを行う

付加価値 来店客Wi-Fi環境+店舗にとっての付加価値

来店客Wi-Fi環境+店舗にとっての付加価値

おすすめの導入モデル

付加価値モデル

来店客に安定/安心のWi-Fi環境

店舗経営に貢献する付加価値

メリット説明

来店客向けWi-Fiネットワークを通じて、Wi-Fi利用規約画面にアンケートを配信し、回答+同意により認証OKとするWi-Fi運用するスタイルです。Wi-Fi利用者の回答はCSVデータとしてPOPCHAT@Cloudに蓄積され、いつでもダウンロード可能。 Wi-Fi接続のデバイスに設定された国/言語を識別して記録、プラス、性別や年齢層といった属性情報から顕在/潜在ニーズ等を把握できる他、別事業者のアンケート調査ニーズに対応して「スポンサーアンケート」を期間指定で優先配信し、収益モデルに転用する運用も可能です。

《認証方式の例》

アンケート認証

《時間設定の例》

1時間/回 × 3回/日 × 多拠点

この例で利用するPOPCHAT@Cloud<認証@クラウド>について

アンケート認証で、店舗オーナーの求めるアンケート配信も、スポンサーの求めるアンケート配信にも対応。 獲得した回答はCSVデータで見える化。

お見積りシミュレーションを行う

効果測定マーケティング活用目的の
データ収集~分析

マーケティング活用目的のデータ収集~分析

おすすめの導入モデル

効果測定モデル

デモグラフィック :国、言語、年齢、性別

サイコグラフィック:趣味、好み、ウォンツ

ジオグラフィック :位置情報、移動情報

メリット説明

来店客の行動やニーズ/ウォンツ、属性など様々な情報の記録(ログ)が残る環境を創出する手段として、ログが残る仕組み=デジタルインフラ=Wi-Fi環境を整備し、さらに適切な認証機能を加えることで、情報取得の有用性、精度、バラエティを拡張します。 そして、その運用効果を見える化して測定・分析し、改善施策にフィードバックするサイクルを回す運用スタイルです。

《認証方式の例》

アンケート、OPEN-ID認証、メンバー認証

《効果測定の例》

POPCHAT@Cloud<シスログ@クラウド>+任意のBIツール

この例で利用するPOPCHAT@Cloud<認証@クラウド>について

アンケート認証を最大12言語に渡って展開し、フル活用。 回答を集計/分析する際、回答のMACアドレスを、下記シスログ@クラウドのデータと突き合わせれば、属性と行動を関連付けるデータに繋がる事も。

この例で利用するPOPCHAT@Cloud<シスログ@クラウド>について

利用者傾向の分かる認証ログ、接続場所や時間の分かるアクティブ接続ログ等、最大24ヶ月分のシスログ保管/解析/CSVダウンロード。