大学Wi-Fi利用例

大学Wi-Fi利用例

School

大学等教育機関で導入される
Wi-Fi環境に適したPOPCHAT
認証&制御パターンご紹介

不正利用防止(一律)ゲストWi-Fi環境の認証システムとして

ゲストWi-Fi環境の認証システムとして

おすすめの導入モデル

不正利用対策モデル
(一律パターン)

受付で申込みを通じて不正利用防止

公衆Wi-Fiと同じ方式で不正利用防止

メリット説明

学生や教職員向けとは異なるゲストWi-Fiであっても、ちまたに溢れかえる野良Wi-Fi、フリーWi-Fiのように誰でも何にでも使い放題OKという訳にはいかず、一定レベル以上の不正利用防止の仕組みとして導入、運用されます。
ゲストWi-Fiのみ(関係者を意識しない)ですので、認証設定は1パターンのみ作成し、一律の運用となります。

《認証方式の例》

アクセスID認証、コールバック認証、OPEN-ID認証、メールアドレス認証

《時間設定の例》

2時間/回 × 1回/日(認証保持1日)

この例で利用するPOPCHAT@Cloud<認証@クラウド>について

公衆Wi-Fi環境で総務省が推奨するのと同じ方式で不正利用防止する場合
●コールバック認証
●OPEN-ID認証
●メールアドレス認証

受付で申し込みにより認証ナンバーを発行する場合
●アクセスID認証

お見積りシミュレーションを行う

不正利用防止(併用) 関係者とゲストの認証設定を併用、使い分け

関係者とゲストの認証設定を併用、使い分け

おすすめの導入モデル

不正利用対策モデル
(併用パターン)

併用①:学生、教職員向けWi-Fi認証

併用②:ゲストWi-Fi認証

メリット説明

学生や教職員が利用する無線SSIDと、ゲストの利用する無線SSIDに対して、それぞれ異なる認証設定を適用します。
認証ゲートウェイとなるPOPCHATを1台ずつ使い分ける構成もあり、SSIDごとのタグVLANを1台のPOPCHATの異なる「接続ポート」として登録して個別の設定を1台で併用する構成もあります。
ゲストWi-Fiの認証設の例は、前述の通りですが、学生/教職員向けの認証設定としては、以下の通りです。

《認証方式の例》

Radius認証、メンバー認証、アクセスID認証

《時間設定の例》

有効回数 1回 / 有効期間 4月~翌3月末

この例で利用するPOPCHAT@Cloud<認証@クラウド>について

公衆Wi-Fiでの不正利用防止と同じ認証方式3種類にも、関係者が通常ログインしているWebログインページをPOPCHAT@Cloudの認証システムと連携(要カスタマイズ)する対応も可能。

※注意)
2つの認証設定ともにPOPCHAT@Cloudの認証方式を使う場合は、 <POPCHAT+POPCHAT@Cloud>が2構成必要。 ゲストがPOPCHAT@Cloud認証で、関係者がPOPCHAT認証という認証機能の 使い分け構成であれば、1式で併用が可能。

お見積りシミュレーションを行う

安定稼働 学生寮のWi-Fi環境へのPOPCHAT導入

学生寮のWi-Fi環境へのPOPCHAT導入

おすすめの導入モデル

安定稼働モデル

入居者を固有のアクセスIDで認証

学生が行いがちな超高負荷な通信に対策

メリット説明

入居者のみに限定して認証し、利用を許可したい学生寮では、アクセスID認証を個別発行して入居者に提供し、認証してもらう事が可能です。有効回数を限定できるので、友人にばらまかれても不正利用対策も可能。
加えて、学生が行いがちな超高負荷な通信に対しては、認証ゲートウェイの機能で制御でき、そちらも対策が可能です。

《認証方式の例》

アクセスID認証(有効回数:1~2回)

《時間設定の例》

有効期限:4月~翌3月末

お見積りシミュレーションを行う