導入モデル

導入モデル

Model of Introduction

POPCHAT-Xを構成する認証システム全体像

POPCHAT-Xの認証システム全体像

POPCHAT-Xは、認証ゲートウェイ装置のサイズやクラウド認証基盤で使いたい機能を選ぶことができ、デバイスとクラウド間の通信遅延に悩まされない安定稼働に優れたWi-Fiを実現します。

代表的な4つの導入モデルから、
お客様に合った構成が見つかります!

  • 必須
  • オプション

安定/付加価値
モデル

手離れが良い安心モデル
POPCHAT長年のノウハウによりWi-Fiの安定稼働を持続させる自動制御とWi-Fiアンケート配信やリモートワーク用ID発行等の付加価値を両立。

POPCHAT-X

認証ゲートウェイ装置
(4機種から選択)

POPCHAT-X必須ライセンス

POPCHAT-X利用に必須なライセンスを
2種類から選択

基本サポート@クラウド

サポートデスク 平日9:00~18:00

受付

メール/TEL、インシデント各5件/月

POPCHAT-X24時間サポート

サポートデスク 24時間365日

受付

メール/TEL、インシデント枠追加5件/月

不正利用対策モデル

利用者個人確認で不正利用防止
Wi-Fiの犯罪利用を防止するため総務省や警察庁が推奨している認証方式4種類に対応し、Wi-Fi不正利用/悪用対策。

POPCHAT-X

認証ゲートウェイ装置
(4機種から選択)

POPCHAT-X必須ライセンス

POPCHAT-X利用に必須なライセンスを
2種類から選択

POPCHAT-X基本サポート

サポートデスク 平日9:00~18:00

受付

メール/TEL、インシデント各5件/月

POPCHAT-X24時間サポート

サポートデスク24時間365日

受付

メール/TEL、インシデント枠追加5件/月

POPCHAT-Xライセンス
:オプション

POPCHAT-X個人認証ライセンス。
SNSアカウント、メールアドレス、携帯No.、会員ID/Passと言った個人情報を使って認証する認証方式に対応。

外部連携モデル

学生や教職員、社員等決まった利用者もWeb認証
学生や教職員、社員など予め決まった固定ユーザー向けにも、IEEE802.1x認証ではなくWeb認証に対応したいケースに適した導入モデル。

POPCHAT-X

認証ゲートウェイ装置
(4機種から選択)

POPCHAT-X必須ライセンス

POPCHAT-X利用に必要なライセンスを
2種から選択

POPCHAT-X基本サポート

サポートデスク 平日9:00~18:00

受付

メール/TEL、インシデント各5件/月

POPCHAT-X24時間サポート

サポートデスク 24時間365日

受付

メール/TEL、インシデント枠追加5件/月

POPCHAT-Xライセンス
:オプション

POPCHAT-X連携認証ライセンス。
別途お客様がお持ちのRaidusサーバと連携し、ブラウザ認証画面でID/Passwordにより認証を実施。

サブスクモデル

機器購入不要!月額固定でPOPCHAT-Xを利用
POPCHAT-X機器購入不要。月額固定の契約でPOPCHAT-X装置およびクラウド認証システムを利用できる導入モデル。

POPCHAT-X

認証ゲートウェイ装置
(4機種から選択)

POPCHAT-X必須ライセンス

POPCHAT-X利用に必須なライセンスを
2種類から選択

POPCHAT-X基本サポート

サポートデスク 平日9:00~18:00

受付

メール/TEL、インシデント各5件/月

POPCHAT-X24時間サポート

サポートデスク24時間365日

受付

メール/TEL、インシデント枠追加5件/月

必要に応じてPOPCHAT-Xライセンス
:オプション

必要に応じて、月次単位でPOPCHAT-X個人認証オプションや連携認証オプションと言ったオプションライセンスを追加可能。

導入モデルごと、
必要な機器、及び
ライセンスの構成
安定
/付加
価値
モデル
不正
利用
対策
モデル
外部
連携
モデル
 
サブ
スク
モデル
 
認証ゲートウェイ POPCHAT-X(4機種から選択)
POPCHAT-Xライセンス:基本サポート 選択選択選択選択
POPCHAT-Xライセンス:24時間サポート 選択選択選択選択
POPCHAT-Xライセンス:個人認証オプション   OP
POPCHAT-Xライセンス:連携認証オプション   OP

POPCHAT-X基本サポートとPOPCHAT-X24時間サポートは、どちらか片方の選択となります。
※「OP」・・・オプションです。必要に応じて追加でお申込み下さい。

導入モデルが決まったら、
下記のシミュレーションから簡単な
チェック形式でお見積りを作成できます。
(※注意:サブスクリプションモデルを除く)

簡易見積り
シミュレーションはこちら