導入モデル

導入モデル

Model of Introduction

POPCHATを構成する認証システム全体像

POPCHATを構成する認証システム全体像

POPCHATは、認証ゲートウェイ装置のサイズやクラウド認証基盤で使いたい機能を選ぶことができ、デバイスとクラウド間の通信遅延に悩まされない安定稼働に優れたWi-Fiを実現します。

代表的な4つの導入モデルから、
お客様にあった構成が見つかります!

  • 必須
  • オプション

安定稼働モデル

手離れが良い安心モデル
Wi-Fi利用者に対しては、簡易に利用開始できる利便性を優先し、施設の管理者には、安定稼働で貢献する導入モデル。

POPCHAT

認証ゲートウェイ装置
(4機種から選択)

サポート@クラウド

POPCHAT(ハードウェア)に対する
保守サポート

基本サポート@クラウド

サポートデスク

平日

9:00~18:00

対象

現地サポート会社

24時間サポート@クラウド

サポートデスク

平日

24時間365日

対象

ユーザー含む

付加価値モデル

インターネット環境の提供に一工夫
「安定稼働」+「付加価値」の導入モデル。利用者にアンケートを配信したり、認証用IDを任意に発行/交付して利用者を制限する等が可能。

POPCHAT

認証ゲートウェイ装置
(4機種から選択)

サポート@クラウド

POPCHAT(ハードウェア)に対する
保守サポート

基本サポート@クラウド

サポートデスク

平日

9:00~18:00

対象

現地サポート会社

24時間サポート@クラウド

サポートデスク

平日

24時間365日

対象

ユーザー含む

POPCHATCloud
<認証@クラウド>

認証@クラウド「基本パック」
認証上限10,000件、アンケート認証、アクセスID認証など、クラウド認証基盤の基本ライセンスで付加価値プラス!

不正利用
対策モデル

利用者個人確認で不正利用防止
「安定稼働+付加価値」に加えて、総務省の公衆Wi-Fiガイドライン指定の認証方式3種類に対応し、不正利用/悪用対策。

POPCHAT

認証ゲートウェイ装置
(4機種から選択)

サポート@クラウド

POPCHAT(ハードウェア)に対する
保守サポート

基本サポート@クラウド

サポートデスク

平日

9:00~18:00

対象

現地サポート会社

24時間サポート@クラウド

サポートデスク

平日

24時間365日

対象

ユーザー含む

POPCHATCloud
<認証@クラウド>

認証@クラウド「基本パック+個人認証オプション」
認証上限20,000件、OPEN-ID認証、メールアドレス認証など、クラウド認証基盤のOPTIONライセンス付加で不正対策まで機能拡張

効果測定モデル

データ取得/分析でフィードバック最大化
「安定稼働+付加価値+不正利用対策」に加えて、利用動向データを取得、効果測定、分析が可能。事業改善に貢献するWi-Fiへ。

POPCHAT

認証ゲートウェイ装置
(4機種から選択)

サポート@クラウド

POPCHAT(ハードウェア)に対する
保守サポート

基本サポート@クラウド

サポートデスク

平日

9:00~18:00

対象

現地サポート会社

24時間サポート@クラウド

サポートデスク

平日

24時間365日

対象

ユーザー含む

POPCHATCloud
<認証@クラウド>

認証@クラウド「基本パック」OR「基本パック+個人認証オプション」
基本のライセンスのみ、もしくは、基本+オプションのライセンス構成で、希望の認証機能に対応

POPCHATCloud
<シスログ@クラウド>

シスログ@クラウド「基本パック」OR「基本パック+拡張解析オプション」
利用者傾向の分かる認証ログ、接続場所や時間の分かるアクティブ接続ログ等、最大24ヶ月分のシスログ保管/解析/CSVダウンロード。

導入モデルが決まったら、
下記のシミュレーションから簡単な
チェック形式で御見積を作成できます。

簡易見積り
シミュレーションはこちら