病院Wi-Fi利用例

病院Wi-Fi利用例

Hospital

病院等医療機関で導入される患者向け
Wi-Fiサービスに適したPOPCHAT
認証&制御パターンご紹介

安定稼働 インターネット接続の簡易性/利便性を優先

インターネット接続の簡易性/利便性を優先

おすすめの導入モデル

安定稼働モデル

簡易に接続できる利便性優先の認証

過度に高負荷な発信元を特定し制御

メリット説明

Wi-Fi接続時の認証について、簡易にスグ接続できる利便性を優先し、規約に同意するだけで接続開始(該当端末MACアドレスが登録され認証成立)となる運用スタイルです。時間制限については、1回あたりの時間の長さを、外来と病棟で使い分けるだけのシンプルなものが多いです。

《認証方式の例》

ベーシック認証(規約に同意のみで接続OK)

《時間設定の例》

外来:1時間/回 / 病棟:6時間/回

お見積りシミュレーションを行う

付加価値 患者Wi-Fi環境+病院にとっての付加価値

患者Wi-Fi環境+病院にとっての付加価値

おすすめの導入モデル

付加価値モデル

患者に安定/安心のWi-Fi環境

病院経営に貢献する付加価値

メリット説明

数年に一回、満足度調査や待ち時間調査を実施する病院は多いですが、Wi-Fiを通じてアンケート配信する期間を設ける事で、外部アンケート調査会社へのコストを削減する。Wi-Fiでの認証画面や情報配信を多言語対応させる。特定の環境(差額ベッド代等)に限定して利用可能なWi-Fi環境とする。といった形で単なるインターネット環境の提供に留まらない付加価値を病院にもたらすWi-Fi運用です。

《認証方式の例》

ベーシック認証、アクセスID認証、アンケート認証

《時間設定の例》

外来:1時間/回 / 病棟:1日/回

この例で利用するPOPCHAT@Cloud<認証@クラウド>について

付加価値の獲得につながる機能を選んで利用可能
●期間指定のアンケート配信
●認証やコンテンツ配信の多言語対応
●特定患者向け限定Wi-Fi環境

お見積りシミュレーションを行う

不正利用対策 患者Wi-Fi不正利用/悪用/乱用の防止

患者Wi-Fi不正利用/悪用/乱用の防止

おすすめの導入モデル

不正利用対策モデル

入口対策:認証で不正利用/悪用防止

出口対策:乱用者のみを通信制限

メリット説明

フリーで利用可能なWi-Fiには不正利用/悪用/乱用のリスクがつきまといますので、その点の対策を重視したWi-Fi運用スタイルです。 しっかり個人を確認する認証で、不正利用/悪用マインドを抑止。その際、認証画面上に表示する利用規約に「認証ログ保存」を明記し認識させれば、更に効果が高まります。 また、過度に高負荷なパケット発信元をいち早く検知し、該当ユーザーのみ通信制限する制御が機能します。

《認証方式の例》

コールバック認証、OPEN-ID認証、メールアドレス認証、メンバー認証、Radius認証

《時間設定の例》

外来:1時間/回 / 病棟:1日/回

この例で利用するPOPCHAT@Cloud<認証@クラウド>について

利用者(患者)確認する認証方法のバリエーション
●総務省が公衆Wi-Fiで指定する3種類
●患者DBと連携して患者ID/Passで認証※要カスタマイズ
▶取得/保存するログの利用者確認レベルも選択可能

お見積りシミュレーションを行う