導入メリット

導入メリット

Merit

Wi-Fi環境を導入の際、期待する
メリットや利活用したい内容に対して、
提供されるシステムとベンダーによって
向き不向きがあります。

POPCHATの分類 –
Wi-Fiシステム構成について

他社Wi-FiとPOPCHATとの比較

自前で独自Wi-Fiサービスを用意し、
提供が可能

携帯キャリア系Wi-Fiサービスは、契約者しか利用できず、事前登録が必要なケースも多いです。

回線等通信会社のサービスとして提供される公衆Wi-Fiでは、基本的には決まった所定の設定内容の決まったWi-Fi環境が、施設オーナーに代わって設置され、当該プロバイダーから直接Wi-Fiサービスが一般利用者に提供されます。施設オーナーとしてはWi-Fi環境の設置場所を提供することになるビジネスモデルです。

POPCHATは施設オーナー自前の独自Wi-Fi環境を構築する為の認証基盤です。施設ごとに最適なシステム設計・構築を行う自由度や、時期に応じて柔軟にアンケートやコンテンツを配信したり、Wi-Fi稼働に関するログデータを手元に取得して自由に分析できる等、施設専用の完全オリジナルなフリーWi-Fi環境を用意、提供し、事業に役立てる為の一助となります。

自前で独自Wi-Fiサービスを用意し、提供が可能

現地調査に基づく最適/
最高のシステム設計/構築

POPCHATを導入いただくケースでは、Wi-Fiアクセスポイントの機種選定や置局設計、チャンネル設計から全体ネットワークシステム構成まで、全国それぞれの地域で優れたSIer(システム設計/構築事業者)が、綿密な現地調査および丁寧なヒアリングに基づき、施設ごと最適かつ最高パフォーマンスのシステム設計~構築を行います。その分導入イニシャルコストはかかりますが、ランニングに優れたWi-Fi環境となります。

現地調査に基づく最適/最高のシステム設計/構築

最適、最大効果の
サービスモデルを自由に設定

POPCHATを導入いただくケースでは、上述のネットワーク構成(インフラ)だけではく、認証方式や時間/回数の制限、認証の有効期限日数、認証を共有して再認証不要とする拠点数、認証ページ等の画面表示内容のデザインやメッセージや広告掲載への対応など、様々なサービスモデル要素について施設オーナーの事業メリットに沿ったアレンジが柔軟に可能となります。

最適、最大効果のサービスモデルを自由に設定

サービスモデル設定と
利用状況見える化の管理

POPCHATを導入いただくケースでは、施設オーナーに対して、クラウド環境から専用のWeb管理画面サイトが提供されます。そこでは、認証方式や時間/回数等の設定を確認し、必要に応じて変更が簡単に行えるようになっている他、接続履歴等の利用状況やログデータの取得までが施設オーナー自身の任意で、いつでも手軽に行えるようになっており、Wi-Fiサービスの利用動向の細かなレベルの詳細がBLACKBOX状態で見えない、という課題は生じません。

サービスモデル設定と利用状況見える化の管理

ランニングコスト

携帯キャリアWi-Fiの場合は、そもそも施設オーナーがWi-Fiスポットオーナーとなる訳ではないので、望んで設置してもらえるかどうかは別として、設置・運用に費用はかかりません。
通信事業者のサービス系公衆Wi-Fiは、多くの場合アクセスポイント(AP)の設置場所の現地調査/設計だけで、機器構成、システム設計は決まった内容の導入ですので、SIerによるWi-Fiネットワーク設計/構築/POPCHAT導入のほうが、イニシャル費用は大きくなる傾向にあり、設置するAP数の規模感にもよりますが、多くの場合、ランニング費用はその逆となる傾向にあります。

ランニングコスト