HyperPOPCHATⅢ:ハイパーポップチャットスリー

対応ネットワーク規模最大 & 標準搭載の機能数最大の大規模Wi-Fi向けPOPCHAT

SecurePOPCHATⅢ(中規模ネットワーク向け)と同時リリースされた、POPCHATシリーズ大規模ネットワーク向けの最新機種が、HyperPOPCHATⅢ。
 
国内TOPの高さを誇る商業ビルや、1000室を超える客室数のホテル、大規模な国際展示イベント会場など・・、皆さまよくご存知の「大きな施設」において、HyperPOPCHATが1台構成あるいは複数台ローミング構成にて、来場者向けWi-Fiインターネット環境の「簡単接続」と「セキュリティ」の両立に貢献しています。HyperPOPCHATⅢは、その最新モデルです。
 

特徴

  1. 最大認証数の上限や、DHCP割当IPアドレス数の上限など、POPCHATシリーズ全機種の中で最大キャパとなっています。
  2. MicroPOPCHATシリーズやSecurePOPCHATシリーズでは、別途オプション(有償)として追加のモジュール組み込みが必要となっている以下の機能が、標準搭載されています。
    • デュアル(2段階)帯域制御
    • 認証用アクセスIDのメールアドレス宛て自動発行、通知
    • お客さまが用意されたRADIUSサーバとの連携認証
 
HyperPOPCHATⅢ
製品名称 HyperPOPCHAT
(ハイパーポップチャットスリー)
本体定価 1,200,000円(税別)
パッケージ価格 パッケージ価格はコチラ>>
選定目安 HyperPOPCHATⅢの1台あたりで・・
ホテルの場合、総部屋数500室以内
その他Wi-Fiスポットの場合、最大認証数500 まで
出荷開始 2014年9月~
 

HyperPOPCHATⅢの製品仕様

ハードウェア仕様
チップセット Intel® C226
LAN Gigabit Ethernet Controller LANx2
スループット 630 Mbits/sec(当社テスト環境での計測値)
最大消費電力(平均) AC100-240V(50/60Hz) 77W(35W)
インタフェース VGA端子、USB x 2、PS2 x 1、Serial(使用不可)x 1
寸法 42.2(H) × 200(W) × 351.6(D)mm
重量 約3.0kg
動作温度 0 ~ 35℃
動作湿度 10 ~ 90%(結露無きこと)
安全規格 RoHS 指令に対応したパーツにて構成
ソフトウェア仕様
セッション数 65,000 まで
最大認証数 1,000(Extendedライセンス時:1,500)まで
DHCP 割当IP アドレス登録数 2,000(Extendedライセンス時:3,000)まで
部屋管理数(接続ポート設定数) 500(Extendedライセンス時:750)まで
アクセスID 登録数 2,000(Extendedライセンス時:3,000)まで
自動認証登録数(MACアドレス) 100まで(この範囲内でベンダーコードの登録も可能)
セキュリティ設定 100まで(管理画面への接続許可のアドレス、ネットワークの登録数)
ポート転送設定数 100まで
フィルタリング設定 100まで(ネットワークの登録も可能)
ダウンロード
製品仕様書 HyperPOPCHATⅢ製品仕様書ダウンロード>>
 

HyperPOPCHATⅢ の外観写真(拡大)

HyperPOPCHATⅢの外観

 

HyperPOPCHATⅢの詳しい機能構成

参照 ⇒ POPCHATシリーズの機能一覧と機種ごとの対比

 

ご提供パッケージと、ネットワーク構築

参照 ⇒ POPCHATシリーズご提供パッケージと、ネットワーク構築支援サービス

 

見積りを希望>>お問い合せフォームへ>>製品ラインナップへ>>POPCHATサイトTOPへ>>